平成23年度 春期
応用情報技術者試験問題と解答
問18
3種類のコンピュータX〜Zにおいて、ベンチマークプログラム
1、2の処理時間が次のとおりであった。コンピュータを性能の
高い順に並べたものはどれか。ここで、コンピュータの性能値は
相乗平均値を用いるものとする。

                     単位 秒
 ┌──────┬────────┬────────┐
 │コンピュータ│ベンチマークプログラム1│ベンチマークプログラム2│
 ├──────┼────────┼────────┤
 │   X   │   10   │   40   │
 ├──────┼────────┼────────┤
 │   Y   │   20   │   30   │
 ├──────┼────────┼────────┤
 │   Z   │   25   │   25   │
 └──────┴────────┴────────┘

 ア X、Y、Z
 イ X、Z、Y
 ウ Y、X、Z
 エ Z、Y、X



【正解】 ア

相乗平均は、n個の各要素を掛け合わせた値のn乗根である。

X:√(10×40) = √400 
Y:√(10×40) = √600 
X:√(25×25) = √625 

平方根を求める必要はなく、 単に400、600、625の値を比較すればよい。

性能が高いということは、処理時間が短いということであり、
性能の高い順に並べると X、Y、Z となる。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問17 目次 問19
ファーストマクロ TOPページ