平成23年度 春期
高度情報技術者試験問題と解答
問19
パレート図の用途として、適切なものはどれか。

 ア 工程の状態や品質を時系列に表した図であり、工程が
   安定した状態にあるかどうかを判断するために用いる。
 イ 項目別に層別して出現度数の大きさの順に並べるとともに
   累積和を示した図であり、主要な原因を識別するために
   用いる。
 ウ 二つの特性を横軸と縦軸にとり測定値を打点した図であり、
   それらの相関を判断するために用いる。
 エ 矢印付きの大枝の先端に特性を、中枝、小枝に要因を
   表した図であり、どれがどれに影響しているかを分析する
   ために用いる。



【正解】 イ

ア 
管理図の説明である。
イ 正しい。
ウ 
散布図の説明である。
エ 
特性要因図の説明である。
 特性要因図は、魚の骨図 (
フィッシュボーン・チャート) とも呼ばれる。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問18 目次 問20
ファーストマクロ TOPページ