平成23年度 春期
高度情報技術者試験問題と解答
問17
共通フレーム2007をソフトウェア産業界に導入する目的として、
適切なものはどれか。

 ア ソフトウェア産業界において、ソフトウェア開発の生産性の
   尺度を統一する。
 イ ソフトウェアの開発及び取引における契約書や設計書など、
   文書の種類や書式を規定する。
 ウ ソフトウェア開発及び取引の内容を明確にし、市場の透明性を
   高め、取引の更なる可視化を実現する。
 エ 電子商取引を行う際に必要な国際会計基準への対応方法を
   標準化する。



【正解】 ウ

ア 共通フレームは、ソフトウェアの構想、開発、運用、保守、廃棄に至るまでの
 作業規定であり、生産性の尺度を統一するものではない。
イ 文書の種類や書式を規定するものではない。
ウ 正しい。IPAでは、共通フレーム2007の目的は、「
日本において、ソフトウェア開発に
 関係する人々 (利害関係者) が、「同じ言葉で話す」ことが出来るようにするため

 としている。
エ 国際会計基準への対応方法を標準化するものではない。
 ちなみに世界共通の会計基準は、IFRS (International Financial Reporting Standards)
 である。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問16 目次 問18
ファーストマクロ TOPページ