平成23年度 春期
高度情報技術者試験問題と解答
問6
OSのスケジューリング方式に関する記述のうち、適切な
ものはどれか。

 ア 処理時間順方式では、既に消費したCPU時間の
   長いジョブに高い優先度を与える。
 イ 到着順方式では、ラウンドロビン方式に比べて特に
   処理時間の短いジョブの応答時間が短くなる。
 ウ 優先度順方式では、一部のジョブの応答時間が
   極端に長くなることがある。
 エ ラウンドロビン方式では、ジョブに割り当てるCPU時間
   (タイムクウォンタム) を短くするほど、到着順方式に近づく。



【正解】 ウ

ア 
処理時間順方式では、処理時間の短いジョブに高い優先度を与える。
イ 
到着順方式では、ジョブの到着順に処理をするため、処理時間はジョブ単独の
 処理時間と同じである。
 一方、ラウンドロビン方式は、各ジョブに一定のCPU時間を割当てる
 プリエンプティブなスケジューリング方式であり、処理時間はジョブ単独の
 処理時間よりも処理待ちの時間が増える分だけ、長くなる。
 従って、到着順方式では、ラウンドロビン方式に比べて、特に処理時間の短いジョブの
 応答時間が
長くなる。
各タスクに一定のCPU時間を割当てるプリエンプティブなスケジューリング方式である。 
ウ 正しい。
 
優先度順方式では、優先度の低いジョブは、CPU時間が割り当てられず、
 応答時間が極端に長くなることがある。
エ 
ラウンドロビン方式は、各プロセスを待ち行列の順にタイムクウォンタムずつ実行し、
 終了しないときは待ち行列の最後につなぐ方式のことである。
 ラウンドロビン方式では、ジョブに割り当てるCPU時間を短くするほど、処理時間順
 方式に近づき、ジョブに割り当てるCPU時間を長くするほど、到着順方式に近づく。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問5 目次 問7
ファーストマクロ TOPページ