平成23年度 秋期
応用情報技術者試験問題と解答
問79
下請代金支払遅延等防止法において、下請業者から受領
したプログラムの返品を禁止しているのは、どの場合か。

 ア 委託内容の一部を受領したが、下請業者の要員
   不足が原因で開発が遅れている旨の説明を受けた。
 イ 親事業者と顧客との間の委託内容が変更になり、
   既に受領していたプログラムが不要になった。
 ウ 開発途上で発生した仕様変更の内容、対価などを
   下請業者と合意していたが、受領したプログラムには
   仕様変更が反映されていなかった。
 エ 受領時の通常のテストでは発見できなかった重大な
   バグが、受領後5か月経過した時点で発見された。



【正解】 イ

ア 下請け業者に責任があるため、返品できる。
イ 正しい。下請け業者に責任がないため、プログラムの返品はできない。
ウ 下請け業者に責任があるため、返品できる。
エ 微妙であるが、下請け業者に責任があり、受領後1年が経過していないため、
 返品できると考えられる。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問78 目次 問80
ファーストマクロ TOPページ