平成23年度 秋期
応用情報技術者試験問題と解答
問73
電機メーカのA社は、GPLが適用されたオープンソース
ソフトウェアの一部を改変した二次的著作物を搭載して
テレビの新製品を開発した。この製品を販売するに当たり、
A社が求められるGPLのルールに則した適切な対応はどれか。

 ア 請求があればA社が修正した部分を含む全ての二次
   的著作物のソースコードを公開しなければならない。
 イ 二次的著作物に静的にリンクしている、別のアプリケー
   ションのソースコードは公開しなくてもよい。
 ウ 二次的著作物のソースコードを公開する際には、諸
   費用などの対価を請求してはならない。
 エ 二次的著作物を入手した購入者が、その複製を再
   配布することを禁止しなければならない。



【正解】 ア

GPL (GNU General Public Licence) は、GNUのライセンスの一つである。
GNUはUNIXと互換性のあるフリーなソフトウェアである。

ア 正しい。二次的著作物にも、GPLのルールが適用され、請求があれば
 ソースコードを公開しなければならない。
イ ソースコードは公開しなければならない。
ウ 諸費用などの対価を請求することができる。
エ 二次的著作物の複製を再配布することを禁止できない。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問72 目次 問74
ファーストマクロ TOPページ