平成23年度 秋期
応用情報技術者試験問題と解答
問71
インターネットを利用した企業間取引において、取引データを
そのまま起票したり、社内文書に変換したりすることが容易に
できるマーク付け言語はどれか。

 ア HTML
 イ SGML
 ウ UML
 エ XML



【正解】 エ

ア 
HTML (HyperText Markup Language) は、文書構造や文字の属性
 などに加え、ハイパーリンクを指定するための文書構造記述言語である。
イ 
SGML (Standard Generalized Markup Language) は、大量の電子文書を
 処理するために定義された文書構造記述言語である。
ウ 
UML (Unified Modeling Language) は、オブジェクト指向設計を支援する
 様々な手法を統一して標準化したものであり、クラス図などのモデル図によって
 システムの分析や設計を行うための技法である。
エ 正しい。
XML (eXtensible Markup Language) は、HTMLが業務アプリケーションで
 不可欠な情報処理には適さないことを解決するために、開発された文書構造記述
 言語である。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問70 目次 問72
ファーストマクロ TOPページ