平成23年度 秋期
応用情報技術者試験問題と解答
問51
表は、あるプロジェクトの日程管理表であり、図は、各作業の
工程と標準日数を表している。このプロジェクトの完了日程を
3日間短縮するためには、追加費用は最低何万円必要か。

 ┌──┬────┬────┬─────────┐
 │作業│標準日数│短縮可能│1日短縮するのに必│
 │  │ (日) │日数(日)│要な追加費用(万円)│
 ├──┼────┼────┼─────────┤
 │ A │  5  │  2  │    2    │
 ├──┼────┼────┼─────────┤
 │ B │ 10 │  4  │    3    │
 ├──┼────┼────┼─────────┤
 │ C │  6  │  2  │    4    │
 ├──┼────┼────┼─────────┤
 │ D │  3  │  1  │    5    │
 ├──┼────┼────┼─────────┤
 │ E │  5  │  2  │    6    │
 └──┴────┴────┴─────────┘

   

 ア 9  イ 11  ウ 12  エ 14



【正解】 イ

問題のプロジェクトのクリティカルパスは、B→Eの15日。
従って3日間短縮するにはクリティカルパスを12日にする必要がある。

クリティカルパス上のB工程とE工程を比較した場合
Eを3日短縮して2日にすると3日×6万円=18万円かかる。
Bを3日短縮して7日にすると3日×3万円=
9万円かかる。
従って、
Bを3日短縮させる。

しかしこのとき、クリティカルパスが
A→D→Eで13日となるため、
新たなクリティカルパス上で1日短縮する必要がある。

最も追加費用を抑えることができるのは、A工程で
2万円だから、
A工程を1日短縮させる。

つまり、B工程を3日、A工程を1日短縮させると
追加費用を最も抑えることができ、その費用は
9万円+2万円 =
11万円である。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問50 目次 問52
ファーストマクロ TOPページ