平成23年度 秋期
応用情報技術者試験問題と解答
問25
マイクロプロセッサの省電力対策に関する記述のうち、
適切なものはどれか。

 ア CMOSよりもバイポーラ素子を使用した方が、
   消費電力を少なくできる。
 イ CMOSを使用したプロセッサでは、動作周波数を
   低くすることによって、論理反転時の電流が減少し、
   消費電力を少なくできる。
 ウ クロックゲーティング方式を使用すると、スタンバイ
   時にプロセッサに対する電圧供給を停止できるので、
   消費電力を少なくできる。
 エ 動作電圧を高くすることによって、内部の演算処理が
   高速になり、消費電力を少なくできる。




【正解】 イ

ア バイポーラ素子は消費電力が大きくなるのがデメリットである。
イ 正しい。
ウ クロックゲーティング方式では、スタンバイ時に電圧供給を停止できない。
 なお、動作する必要がない回路ブロックへの電源供給を遮断する
 ことによって、消費電力を減らすことを、
パワーゲーティングという。
エ 動作電圧を高くすると消費電力は多くなる。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問24 目次 問26
ファーストマクロ TOPページ