平成23年度 秋期
高度情報技術者試験問題と解答
問18
プロジェクトの工程管理や進捗管理に使用されるガント
チャートの特徴はどれか。

 ア 各作業の開始時点と終了時点が一目で把握できる。
 イ 各作業の前後関係が明確になり、クリティカルパスが
   把握できる。
 ウ 各作業の余裕日数が容易に把握できる。
 エ 各作業の要素を分解することによって、管理が
   しやすくなる。



【正解】 ア

ア 正しい。
ガントチャートは、横軸に日付あるいは時刻、縦軸に作業項目を書き、
 作業実施の予定と進捗状況を棒線で示して、作業の開始時点や終了時点、
 現時点の進捗を明確にした図である。
イ 
アローダイヤグラム (PERT図) の特徴である。
 アローダイアグラムは、作業と日程の流れを矢印で表し、順序関係や作業日数を
 表した図のことである。
ウ アローダイヤグラム (PERT図) の特徴である。
エ 
WBS (Work Breakdown Structure) の特徴である。
 WBS (Work Breakdown Structure) は、プロジェクトなどにおいて作業工程や
 成果物を分解して要素とし、それらを階層的に示した図表のことである。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問17 目次 問19
ファーストマクロ TOPページ