平成22年度 春期
応用情報技術者試験問題と解答
問80
不正アクセス禁止法において、処罰の対象となる行為はどれか。

 ア Webサイトで使用している他人のID・パスワードを無断で第三者に
   教える行為
 イ 個人が開設しているアクセス制御機能のないWebサイトに対する
   侵害行為
 ウ コンピュータウイルスを添付した電子メールをメールサーバに送信する行為
 エ ネットワーク接続されていないスタンドアロンのコンピュータに対する侵害行為



【正解】 ア

ア 正しい。第一条に以下の記載がある。
 「
この法律は、不正アクセス行為を禁止するとともに、これについての罰則及びその再発防止のための都道府県公安委員会による援助措置等を定めることにより、電気通信回線を通じて行われる電子計算機に係る犯罪の防止及びアクセス制御機能により実現される電気通信に関する秩序の維持を図り、もって高度情報通信社会の健全な発展に寄与することを目的とする。
イ アクセス制御機能のないWebサイトへのアクセスは、侵害行為にはならない。
ウ 刑法によって処罰される。
エ スタンドアロンのコンピュータに対する侵害行為は、不正アクセス禁止法においては、
 処罰の対象とならない。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問79 目次
ファーストマクロ TOPページ