平成22年度 春期
応用情報技術者試験問題と解答
問60
金融庁の “財務報告に係る内部統制の評価及び監査の基準” では、内部統制の
基本的要素の一つとして “ITへの対応” を示している。 “ITへの対応” に関する
記述のうち、適切なものはどれか。

 ア COSOの “内部統制の統合的枠組み” にも、構成要素の一つとして
   示されている。
 イ IT環境への対応とITの利用及び統制からなる。
 ウ ITを利用しない手作業での統制活動では内部統制の目的は達成できない。
 エ ほかの内部統制の基本的要素と独立に存在する。



【正解】 イ

ア COSOには“ITへの対応”はない。 日本が追加したものである。 
 なお、
COSO (Committee of Sponsoring Organizations of the Treadway Commission)
 は、トレッドウェイ委員会組織委員会の略称であり、内部統制のフレームワークを作成した
 アメリカの組織である。
イ 正しい。 (6) ITへの対応として “@ IT環境への対応” と “A ITの利用及び統制” で
 構成されている。
ウ ITを利用しない手作業での統制活動でも、内部統制の目的は達成できる。
エ 基本的要素は以下の6つであり、密接に関連している。
 
統制環境リスクの評価と対応統制活動
 
情報と伝達モニタリングITへの対応

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問59 目次 問61
ファーストマクロ TOPページ