平成22年度 春期
高度情報技術者試験問題と解答
問9
一般的に専門家が、様々なユーザインタフェース設計によく当てはまる経験則を
基にして、インタフェースを評価する方法はどれか。

 ア 回顧法
 イ 思考発話法
 ウ 認知的ウォークスルー法
 エ ヒューリスティック評価法



【正解】 エ

ア 
回顧法は、ユーザーに対象となるシステムを使ってもらった後に、ユーザーにヒアリングする
 ことでユーザビリティを評価する方法である。
イ 
思考発話法は、ユーザーに対象となるシステムを使ってもらいながら、考えていることを
 話してもらうことでユーザビリティを評価する方法である。
ウ 
認知的ウォークスルー法は、ユーザビリティの専門家がユーザーになったつもりでシステムを
 操作してユーザビリティを評価する方法である。
エ 正しい。
ヒューリスティック評価法は、専門家が経験則に基づいてユーザビリティを評価する。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問8 目次 問10
ファーストマクロ TOPページ