平成22年度 春期
高度情報技術者試験問題と解答
問8
SRAMと比較した場合のDRAMの特徴はどれか。

 ア SRAMよりも高速なアクセスが実現できる。
 イ データを保持するためのリフレッシュ動作が不要である。
 ウ 内部構造が複雑になるので、ビット当たりの単価が高くなる。
 エ ビット当たりの面積を小さくできるので、高集積化に適している。



【正解】 エ

SRAM (Static Random Access Memory) は、読書き自由なRAMの一種で、
コンピュータの電源を落とすと、記憶内容も消える揮発性メモリである。
キャッシュメモリなどに用いられる。

DRAM (Dynamic Random Access Memory) は、読書き自由なRAMの一種で、
リフレッシュ動作が必要なメモリであり、PCの主記憶として用いられる。

ア SRAMのほうがDRAMよりも高速アクセスが可能である。
イ DRAMはリフレッシュ動作が必要である。
ウ SRAMのほうが、ビット当たりの単価が高くなる。
エ 正しい。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問7 目次 問9
ファーストマクロ TOPページ