平成22年度 秋期
応用情報技術者試験問題と解答
問79
企業経営における、コンプライアンス強化の説明はどれか。

 ア 企業存続の危機につながりかねない、経営者や従業員に
   よる不法行為の発生を抑制する。
 イ 競合他社に対する差別化の源泉となる経営資源を
   保有し、競争力を強化する。
 ウ 経営者の権力行使をけん制し、健全な経営を行うことが
   できる仕組みを作る。
 エ 顧客、株主、従業員などの利害関係者の満足度を
   向上させ、企業の継続した発展を図る。



【正解】 ア

ア 正しい。コンプライアンスは、法令順守のことであり、
 法律や社会規範などのルールに従って活動することである。
イ 
ステークホルダーマネジメントの目的である。
 ステークホルダーマネジメントは、顧客、株主、従業員などの
 利害関係者 (ステークホルダー) と良好な関係を築くための
 管理手法のことである。
ウ 
コーポレートガバナンスの考え方である。
 コーポレートガバナンスは、企業経営の透明性を確保するために、
 企業は誰のために経営を行っているか、トップマネジメントの構造は
 どうなっているか、組織内部に自浄能力をもっているかなどの視点で、
 企業活動を監督・監視する仕組みのことである。
エ 
ステークホルダーマネジメントの目的である。
 ステークホルダーマネジメントは、顧客、株主、従業員などの
 利害関係者 (ステークホルダー) と良好な関係を築くための
 管理手法のことである。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問78 目次 問80
ファーストマクロ TOPページ