平成22年度 秋期
応用情報技術者試験問題と解答
問62
対象業務を、データ構造に着目して可視化するとき、データを実体、
関連、属性という三つの要素でモデル化する表記法はどれか。

 ア DFD
 イ E−R図
 ウ 状態遷移図
 エ 流れ図



【正解】 イ

ア 
DFD (Data Flow Fiagram) は、企業のビジネスプロセスを、データフロー、
 プロセス、データストア (ファイル)、データ源泉/データ吸収の四つの基本要素で
 抽象化して表現するための技法である。
イ 正しい。
E-R図 (Entity Relationship Diagram) は、概念データモデルを、
 エンティティ (実体) とリレーションシップ (関連) で表現することによって、データ構造や
 データ項目間の関係を明らかにするための技法である。
ウ 
状態遷移図は、現在の状態と発生したイベントや条件によって、次の状態を表す
 モデルのことである。状態マシン図、ステートマシン図とも呼ばれる。
エ 
流れ図は、データや作業・処理の流れを表した図式のことである。
 
フローチャートとも呼ばれる。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問61 目次 問63
ファーストマクロ TOPページ