平成22年度 秋期
応用情報技術者試験問題と解答
問52
アローダイアグラムで表される作業A〜Hを見直したところ、作業Dだけが
短縮可能であり、その作業日数を6日間に短縮できることが分かった。
作業全体の所要日数は何日間短縮できるか。



 ア 1  イ 2  ウ 3  エ 4



【正解】 ウ

見直し前のクリティカルパスは 
A(5) → C(5) → D(10) → E(5) → ダミー(0) → H(6) で
31日

見直し後は
見直し前のパスは
A(5) → C(5) → D(6) → E(5) → ダミー(0) → H(6) で27日になるが
クリティカルパスは 
A(5) → C(5) → F(12) → H(6) で
28日となる。

従って、全体の所要日数は3日短縮できる。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問51 目次 問53
ファーストマクロ TOPページ