平成22年度 秋期
応用情報技術者試験問題と解答
問46
ホワイトボックステストのテストケースを設計する際に使用する
ものはどれか。

 ア 原因−結果グラフ
 イ 限界値分析
 ウ 条件網羅
 エ 同値分割



【正解】 ウ

 原因−結果グラフは、複雑な入出力関係をグラフを用いて表したものである。
イ 
限界値分析テストは、同値クラスの境界値とその前後の値をテストデータとして
 テストすることであり、境界値分析ともいう。
ウ 正しい。
条件網羅は、判定条件が複数ある場合に、それぞれの判定条件の
 真と偽の組合せを行うテストである。
 他の選択肢は、ブラックボックスのテストケースを設計する際に使用する。
エ 
同値分割は、プログラムの入力を、同じような結果を出力するものにクラス分けし
 テストケースを定めることである。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問45 目次 問47
ファーストマクロ TOPページ