平成22年度 秋期
応用情報技術者試験問題と解答
問43
Autorun.inf を悪用したUSBワームの説明のうち、適切なものは
どれか。

 ア USB接続可能なICレコーダは、音声データを取り扱うもの
   なので、USBワームに感染することはない。
 イ 暗号化USBメモリは、メモリ上のデータが暗号化されている
   ので、USBワームに感染することはない。
 ウ 自動実行するワーム自体をUSBメモリ内のAutorun.inf
   ファイルに埋め込む。
 エ 特定ワームのファイル名を登録したAutorun.inf ファイルを
   USBメモリ内に生成する。



【正解】 エ

ア ICレコーダであっても、USBワームに感染するリスクがある。
イ 暗号化USBメモリでも、パスワード入力して正常に認識すれば
 USBワームに感染するリスクがある。
ウ Autorun.inf ファイルにはワーム自体を埋め込むことはできない。
エ 正しい。Autorun.inf ファイルは通常、インストールCDやインストールDVD内に格納
 されており、そのCDやDVDがパソコンにセットされた時に、Autorun.inf ファイル内に書かれた
 実行ファイル (主にインストール) が自動的に実行される。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問42 目次 問44
ファーストマクロ TOPページ