平成22年度 秋期
応用情報技術者試験問題と解答
問38
セキュリティ対策で利用するCRLに記載されるデータはどれか。

 ア スパムメールの発信元及びメールの不正中継を行う
   ドメインの名前
 イ ディジタル証明書の有効期間内に認証局の廃止などに
   よって失効した自己署名証明書及び相互認証証明書
 ウ 有効期間内に失効したディジタル証明書のシリアル番号
 エ 利用者に対して与えられた情報資源へのアクセス権限リスト



【正解】 ウ

ア 
DNSブラックリストに記載されるデータである。
イ CRLに失効した自己署名証明書や相互認証証明書は記載されない。
ウ 正しい。
CRL (Certificate Revocation List = 証明書失効リスト) は、
 PKI (公開鍵基盤) において、有効期限の前に失効したデジタル証明書の
 リストのことである。
エ ACL (Access Control List) に記載されるデータである。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問37 目次 問39
ファーストマクロ TOPページ