平成22年度 秋期
応用情報技術者試験問題と解答
問34
図のようなIPネットワークのLAN環境で、ホストAから
ホストBにパケットを送信する。LAN1において、
パケット内のイーサネットフレームのあて先とIPデータグラム
のあて先の組合せとして、適切なものはどれか。ここで、
図中のMACn /IPm はホスト又はルータがもつ
インタフェースのMACアドレスとIPアドレスを示す。

 

  ┌───────────┬─────────┐
  │イーサネットフレームの│IPデータグラムの│
  │あて先        │あて先      │
┌─┼───────────┼─────────┤
│ア│    MAC2    │   IP2   │
├─┼───────────┼─────────┤
│イ│    MAC2    │   IP3   │
├─┼───────────┼─────────┤
│ウ│    MAC3    │   IP2   │
├─┼───────────┼─────────┤
│エ│    MAC3    │   IP3   │
└─┴───────────┴─────────┘



【正解】 ウ

ルーターを介した通信となる場合、
IPデータグラムには最終的な宛先であるホストのIPアドレスが
セットされる。
これに対し、イーサーネットフレームの宛先は同じデータリンク層の
ルータのMACアドレスがセットされる。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問33 目次 問35
ファーストマクロ TOPページ