平成22年度 秋期
応用情報技術者試験問題と解答
問26
ヤコブ・ニールセンのユーザインタフェースに関する10か条の
ヒューリスティックスの一つである“システム状態の視認性”に
該当するものはどれか。

 ア 異なる画面間でも、操作は類似の手順で実行できる。
 イ 実行中に処理の進捗度を表示する。
 ウ 入力フォームの必須項目に印を付けて目立たせる。
 エ 表示する文字の大きさや色が適切で、効果的に画像も
   使用する。



【正解】 イ

ヤコブ・ニールセンのユーザインタフェースに関する10か条のヒューリスティックス
(10 Usability Heuristics for User Interface Design) は、以下のとおり。

01.Visibility of system status (システム状態の視認性)
02.Match between system and the real world (システムと実世界の調和)
03.User control and freedom (ユーザコントロールと自由度)
04.Consistency and standards (一貫性と標準化)
05.Error prevention (エラーの防止)
06.Recognition rather than recall (記憶しなくても、見ればわかるようなデザイン)
07.Flexibility and efficiency of use (柔軟性と効率性)
08.Aesthetic and minimalist design (美的で最小限のデザイン)
09.Help users recognize, diagnose, and recover from errors
 (ユーザによるエラー認識、診断、回復をサポートする)
10.Help and documentation (ヘルプとマニュアル)


ア 一貫性と標準化に該当する。
イ 正しい。
ウ 記憶しなくても、見ればわかるようなデザインに該当する。
エ 美的で最小限のデザインに該当する。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問25 目次 問27
ファーストマクロ TOPページ