平成22年度 秋期
高度情報技術者試験問題と解答
問17
特許権に関する記述のうち、適切なものはどれか。

 ア A社が特許を出願するより前に独自に開発して販売
   した製品は、AA社の特許権の侵害にならない。
 イ 組込み機器におけるハードウェアは特許権で保護
   されるが、ソフトウェアは保護されない。
 ウ 審査を受けて特許権を取得した後に、特許権が
   無効になることはない。
 エ 先行特許と同一の技術であっても、独自に開発した
   技術であれば特許権の侵害にならない。



【正解】 ア

ア 正しい。
イ ソフトウェアも保護の対象となる。
ウ 特許登録の後でも、裁判などにより特許権が無効になることがある。
エ 独自に開発した技術であっても、先行特許と同一の技術であれば、
 特許権の侵害となる場合がある。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問16 目次 問18
ファーストマクロ TOPページ