平成22年度 秋期
高度情報技術者試験問題と解答
問15
プログラム実行中の特定の時点で成立する変数間の関係や
条件を記述した論理式を埋め込んで、そのプログラムの正当性を
検証する手法はどれか。

 ア アサーションチェック
 イ コード追跡
 ウ スナップショットダンプ
 エ テストカバレージ分析



【正解】 ア

ア 正しい。ちなみに
アサーションチェッカは、変数間で論理的に成立すべき条件を
 プログラムの適切な箇所に挿入し、実行時にその条件を満たしていることを検査
 する支援ツール のことである。
イ 
コード追跡は、プログラム実行時にどの命令が実行されたのか、分岐はどうだったのか
 メモリの状態はどうなのかなどを確認する手法である。
ウ 
スナップショットダンプは、プログラム実行時の特定のタイミングにおける、メモリや
 レジスタの状態を出力することである。
エ 
テストカバレージ分析は、テストの網羅率を分析する手法である。
 プログラムの実行可能な行のうち、どれだけの命令が実行されたのかや
 判断文でどれだけの分岐を網羅したのかなどを分析する。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問14 目次 問16
ファーストマクロ TOPページ