平成22年度 秋期
高度情報技術者試験問題と解答
問10
コンピュータグラフィックスに関する記述のうち、適切なものはどれか。

 ア テクスチャマッピングは、すべてのピクセルについて、視線と
   すべての物体との交点を計算し、その中から視点に最も
   近い交点を選択することによって、隠面消去を行う。
 イ メタボールは、反射・透過方向への視線追跡は行わず、
   与えられた空間中のデータから輝度を計算する。
 ウ ラジオシティ法は、拡散反射面間の相互反射による効果を
   考慮して拡散反射面の輝度を決める。
 エ レイトレーシング法は、形状が定義された物体の表面に、
   別に定義された模様を張り付けて画像を作成する。



【正解】 ウ

ア 
テクスチャマッピングは、形状が定義された物体の表面に、
   別に定義された模様を張り付けて画像を作成する技法である。
 
陰面処理は、すべてのピクセルについて、視線とすべての物体との交点を計算し、
 その中から視点に最も近い交点を選択することによって、隠面消去を行うことである。
イ 
メタボールは、物体を球や楕円体の集合として擬似的にモデル化する技法である。
ウ 正しい。
エ 
レイトレーシング法は、レイレーシングは光源 (ray) からの光線の経路を追跡 (tracing)
 することによって、光の反射や透過などを表現し、3次元CGで物体の形状を描画する
 技法である。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問9 目次 問11
ファーストマクロ TOPページ