平成22年度 秋期
高度情報技術者試験問題と解答
問1
後置表記法 (逆ポーランド表記法) では、例えば、
式Y = (A−B) ×C を YAB−C×=と表現する。
次の式を後置表記法で表現したものはどれか。
Y=(A+B)×(C−(D÷E))

 ア YAB+C−DE÷×=
 イ YAB+CDE÷−×=
 ウ YAB+EDC÷−×=
 エ YBA+CD−E÷×=



【正解】 イ

逆ポーランド記法は、演算対象となる2つの変数の後ろに演算子を置く方法である。

Y=
(A+B)×(C−(D÷E)) をまず大きく
Y=
と見ると
= と表記できる。

次に
(A+B)×(C−(D÷E)) で、これを
×とおくと、
×
(AB+)×(C−DE÷ (AB+) × (CDE÷−)
AB+CDE÷−×

従って、
Y=


AB+CDE÷−×= となる。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



目次 問2
ファーストマクロ TOPページ