本文へスキップ

技術士試験(情報工学部門)・情報技術者試験。ファーストマクロ。


Since 2016.4.19

平成29年度 技術士第一次試験問題【専門科目】

V−29

公開鍵暗号方式に関する次の記述の、    に入る語句の組合せとして、最も適切なものはどれか。

ネット通販を利用する顧客Aは、通販会社B以外に読まれたくない文書を ア で暗号化して送り、自分が
作成したということを示すために イ で署名してBに送った。Bは ウ で文書を復号した。

                

@ Aの公開鍵  Aの秘密鍵  Bの秘密鍵

A Aの公開鍵  Bの公開鍵  Aの公開鍵

B Bの公開鍵  Aの公開鍵  Bの秘密鍵

C Bの公開鍵  Aの公開鍵  Bの公開鍵

D Bの公開鍵  Aの秘密鍵  Bの秘密鍵


正解

D


解説

ア Bの公開鍵で暗号化すると、Bの秘密鍵でしか復号化できない。
イ 自分で作成したことを示すには、自分の秘密鍵で署名する。
ウ Bの公開鍵で暗号化した文書は、Bの秘密鍵で複合する。
 なお、顧客Aの署名を確認するには、顧客Aの公開鍵を用いる。

V−28 目次 V−30