平成27年度 技術士第一次試験問題【専門科目】
【16】情報工学部門
V−17
下図の流れ図に対して、分岐網羅(C1カバレッジ)が100%になるテストケースの
組合せはどれか。
 (N, A, Bは整数の変数、「 = 」は代入演算子、「×」は乗算演算子、
 「 > 」は左辺が右辺よりも大きいときに真となる比較演算子、
 「 == 」は左辺と右辺が同じ値であるときに真となる比較演算子を表す。)
    

 @ (A = 0, B = 0) , (A = 0, B = 1)
 A (A = 0, B = 0) , (A = 2, B = 0)
 B (A = 0, B = 1) , (A = 1, B = 0)
 C (A = 0, B = 1) , (A = 2, B = 0)
 D (A = 1, B = 0) , (A = 2, B = 0)





【正解】 C
分岐網羅(C1カバレッジ)が100%ということなので、
2か所の分岐でそれぞれ真と偽の場合、つまり、
・流れ図の四角で囲まれた処理全てと、
・2回目の分岐で「真」となり、「終了」状態になるパターン
の4か所の処理を網羅する組合せが正解となる。

便宜上、以下のように記す。
 1つめの判断をJ1とし、真の処理を
J1真、偽の処理をJ1偽
 2つめの判断をJ2とし、真の処理を
J2真、偽の処理をJ2偽
@ J1偽J2偽 及び J1偽J2真
A 
J1偽J2偽 及び J1真J2偽
B 
J1偽J2真 及び J1真J2真
C 
J1偽J2真 及び J1真J2偽
D 
J1真J2真 及び J1真J2偽

従って全ての処理を網羅できたCが正解。

EXCELのマクロのご相談なら ファーストマクロ 



V−16 目次 V−18
ファーストマクロ TOPページ