平成27年度 技術士第一次試験問題【専門科目】
【16】情報工学部門
V−1
データの個数が8倍に増加した場合、二分検索の最大検索回数に関して最も適切なものはどれか。
 @ 2回増加する。
 A 3回増加する。
 B 8回増加する。
 C 約3倍に増加する。
 D 約8倍に増加する。





【正解】 A
二分検索法でN件のデータから検索する場合、最大検索回数は log2N +1回。
データ個数が8倍に増加した場合、最大検索回数は

 log28・N +1 = log28 + log2N +1 = 3 + log2N +1 

従って3回増加する。




目次 V−2
ファーストマクロ TOPページ