平成26年度 技術士第一次試験問題【専門科目】
【16】情報工学部門
V−35
インターネットサービスプロパイダがアウトバウンドポート25ブロッキング
(Outbound Port25 Blocking) を行う目的として、最も適切なものは
どれか。

 @ 外部からサーバへの攻撃を防ぐため。
 A 外部からのウィルスの感染を防ぐため。
 B 外部への通信履歴を記録するため。
 C スパムメールの外部への送信を防ぐため。
 D 内部でのBitTorrentの使用を防ぐため。




【正解】 C

アウトバウンドポート25ブロッキング (OP25B) は、スパムメールやウイルスメールが
送信されないように、許可したサーバ以外からメール送信をできなくすること。
よってCが正しい。

【類題】
H18 W-24

EXCELのマクロのご相談なら ファーストマクロ 



V−34 目次 平成27年度 一次試験
ファーストマクロ TOPページ