平成26年度 技術士第一次試験問題【専門科目】
【16】情報工学部門
V−32
下図のような6台のMACアドレス学習機能を持つスイッチングハブと8台のPCから
なるネットワークシステムがある。

 

各スイッチングハブのMACアドレステーブルにエントリがない初期状態から次の順序で
通信が行われた場合、
  ┌───┬─────────────────────┐
  │順 序│         通 信         │
  ├───┼─────────────────────┤
  │ 1 │PC1からすべてのPCへのブロードキャスト│
  ├───┼─────────────────────┤
  │ 2 │PC8からすべてのPCへのブロードキャスト│
  ├───┼─────────────────────┤
  │ 3 │PC5からPC8             │
  ├───┼─────────────────────┤
  │ 4 │PC2からPC5             │
  ├───┼─────────────────────┤
  │ 5 │PC4からPC8             │
  ├───┼─────────────────────┤
  │ 6 │PC6からPC4             │
  ├───┼─────────────────────┤
  │ 7 │PC7からPC8             │
  ├───┼─────────────────────┤
  │ 8 │PC3からPC7             │
  └───┴─────────────────────┘

6台のスイッチンクハブの中でMACアドレステーブルのエントリ数が最も少ない
スイッチングハブの組はどれか。 ただし、これら全ての通信の間、学習された
MACアドレステーブルのエントリは消えないものとする。

 @ スイッチングハブ1とスイッチングハブ3
 A スイッチングハブ1とスイッチングハブ4
 B スイッチングハブ1とスイッチングハブ6
 C スイッチングハブ3とスイッチングハブ4
 D スイッチングハブ3とスイッチングハブ6



【正解】 A
MACアドレステーブルへのエントリは送信元ノードのMACアドレスがエントリーされる。
以下、便宜上、スイッチングハブはSHと省略する。

順序1はブロードキャストであり、 ブロードキャストには宛先MACアドレスは
 入っていないが、送信元はPC1であるため、
 全てのスイッチングハブに PC1のMACアドレスがエントリーされる。
同様に順序2によって、 全てのスイッチングハブに
PC8のMACアドレスが
 エントリーされる。

順序3によって、
 
SH3SH2SH5SH6PC5がエントリーされる。
順序4では、
 
SH1SH2SH3PC2がエントリーされる。
順序5では、
 SH4SH5SH6PC4がエントリーされる。
順序6では、
 SH3SH2SH5SH4PC6がエントリーされる。
順序7では、
 SH6PC7がエントリーされる。
順序8では、
 
SH4SH5SH6PC3がエントリーされる。

まとめると、以下が各スイッチングハブのMACアドレステーブルにエントリーされる。
SH1:PC1,PC2,PC8
SH2:PC1,PC2,PC5,PC6,PC8
SH3:PC1,PC2,PC5,PC6,PC8
SH4:PC1,PC3,PC4,PC6,PC8
SH5:PC1,PC3,PC4,PC5,PC6,PC8
SH6:PC1,PC3,PC4,PC5,PC7,PC8

@SH1に3つ、SH3に5つ 合計8つ
ASH1に3つ、SH4に5つ 合計8つ
BSH1に3つ、SH6に6つ 合計9つ
CSH3に5つ、SH4に5つ 合計10
DSH3に5つ、SH6に6つ 合計11

答えは
@とAになる。


EXCELのマクロのご相談なら ファーストマクロ 



V−31 目次 V−33
ファーストマクロ TOPページ