平成26年度 技術士第一次試験問題【専門科目】
【16】情報工学部門
V−16
UMLのクラス図を用いて、1人の顧客が同じ商品を0回以上注文できる状況を表現する
概念モデルを作成した。このモデルの誤りの指摘として、不適切なものはどれか。
ここで、各属性にはそれぞれ妥当な値が設定されるものとする。

 ┏━━━━┓       ┏━━━━┓       ┏━━━━┓
 ┃ 個人 ┃       ┃ 注文 ┃       ┃ 商品 ┃
 ┠────┨顧客     ┠────┨    注文品┠────┨
 ┃氏名  ┠───────┨注文番号┠───────┨品名  ┃
 ┃住所  ┃0..*  1┃注文日 ┃1  0..*┃定価  ┃
 ┗━━━━┛       ┃数量  ┃       ┗━━━━┛
              ┗━━━━┛ 

 @ 1つの商品が複数回注文されることがある。
 A ある注文の顧客を1人に特定できないことがある。
 B 個人が注文できるのは、1度だけである。
 C 商品を指定しない注文ができる。
 D どの顧客がいつ注文したかはわかる。



【正解】 @
1  0..*」は、1つの注文に対して、0個以上複数の個人(商品)が関係すると
いう意味である。
誤りの指摘として、不適切なものはどれかという表現が微妙。

@注文 1 −− 0..* 商品 であり、
 1つの商品が複数回注文されることがある。
 誤りの指摘として不適切であり、正解となる。
A1つの注文に対して、複数の個人(顧客)が関係するため、
 顧客を1人に特定できないことがある。
B個人 1 −− 0..* 注文の表現がないため、
 問題の個人が注文できるのは、1度だけでということになり、
 問題の概念モデルは誤りということができる。
C注文 1 −− 0..* 商品 であり、
 商品を指定しない注文ができてしまう。
D
どの顧客がいつ注文したかぐらいはわかるけど、概念モデルは誤り。
 というニュアンスだと考えられる。

問題に対して正確に解答するなら、@とDが不適切と言える。


EXCELのマクロのご相談なら ファーストマクロ 



V−15 目次 V−17
ファーストマクロ TOPページ