平成25年度 技術士第二次試験問題【必須科目】
【16】情報工学部門
T−14
アーンドバリューマネジメント (EVM) によりプロジェクト管理を行っている。
現時点での報告値は、下記のとおりである。 現時点での作業効率が
維持されるとき、最終的なコストはいくらになると予想できるか。
下図は、各値の関係を示したものである。

  完成時総予算  3,000万円
  出来高計画値  1,000万円
  出来高実績値   900万円
  実コスト      1,200万円




 @ 2,500万円
 A 2,700万円
 B 3,333万円
 C 3,600万円
 D 4,000万円



【正解】 D
出来高実績値 900万円に対して 実コストが1200万円かかっている。
完成時総予算は3000万円であるから、最終コストをX万円とすると、
以下の式が成り立つ。

 900万円 : 1200万円 = 3000万円 : X万円
 3 : 4 = 3000 : X
 X = 4000
従って
4000万円と予想できる。


EXCELのVBAのご相談なら ファーストマクロ 



T−13 目次 T−15
ファーストマクロ TOPページ