平成25年度 技術士第一次試験問題【専門科目】
【16】情報工学部門
V−16
サンプリング周波数が96kヘルツ、量子化ビット数が24ビットでリニアPCM形式による
5分間のステレオ録音を行った。 生成された音声データの容量として最も近い値は
どれか。

 @ 16.5Mバイト
 A 82.4Mバイト
 B 165Mバイト
 C 659Mバイト
 D 1.28Gバイト



【正解】 B
ステレオ録音のため、R、Lとして1個の量子化で2つ必要。
リニアPCM形式なので、圧縮はしない。
これを踏まえて、

96kヘルツであるから1秒間に 96,000回量子化するので、

 96000 × 24ビット × 2 × 5分
= 96000×3バイト × 2 × 300秒
= 172、800、000バイト

従って 172、800、000 ÷ 1024 ÷ 1024 
164.8Mバイト となる。

EXCELのマクロのご相談なら ファーストマクロ 



V−15 目次 V−17
ファーストマクロ TOPページ