平成24年度 技術士第一次試験問題【専門科目】
【16】情報工学部門
W−2
O (n!) の時間計算量をもつアルゴリズムを、n = 4のとき1秒で計算できるコンピュータが
あったとする。問題のサイズが3倍(n = 12) になったとき、必要な計算時間の見積りと
して最も適切なものはどれか。

 @ 33秒  A 33分  B 33時間  C 33日  D 33週



【正解】 D
例えば、O (2n) は O (n)の2倍の時間計算量である。
これを踏まえる。

4!=24
12!=479、001、600

O (12 !) = 12 × 11 × ・・・ × 6 × 5 × O (4 !)

479、001、600÷24=19、958、400だから

O (12 !) = 19、958、400 × O (4 !)
=19、958、400 × 1秒。

従って、19、958、400秒=5544時間=231日=
33週


EXCELのマクロのご相談なら ファーストマクロ 



W−1 目次 W−3
ファーストマクロ TOPページ