平成23年度 技術士第一次試験問題【専門科目】
【16】情報工学部門
W−25
次に示すUML (Unified Modeling Language) のアクティビティ図を構成する要素に
関する説明として、誤っているものはどれか。

 
 @ (A) はフォークノード又はジョインノードであり、業務フローでの行為やプログラムの
   処理を表す。
 A (B) は開始ノードであり、1つのアクティビティ図に複数記述してよい。
 B (C) は終了ノードであり、ここからエッジが出力されることはない。
 C (D) は分岐ノード又は合流ノードを示し、どちらも同じ表記である。
 D (E) はオブジェクトノードであり、オブジェクトの受け渡しを表現する。



【正解】 @
(A) はアクションノードであり、処理や制御を表現する。
フォークノードは、並列処理の開始を表し、
1つの業務フローを複数の同時実行処理に分割する。
ジョインノードは、並列処理の終了を表し、
複数の同時実行処理を結合する。


EXCELのマクロのご相談なら ファーストマクロ 



W−24 目次 W−26
ファーストマクロ TOPページ