平成21年度 技術士第一次試験問題【専門科目】
【16】情報工学部門
W−24
A社では、イントラネット内のサーバ保守を、イントラネット内の保守端末から
telnetを使って行っている。今後、インターネットに接続された保守端末からも
行うことになり、検討の結果、telnetの代わりにsshを使うことにした。A社が
sshに変更することを決めた理由として最も適切なものを次の中から選べ。

 @ 低速の回線を経由しても、大量のデータを短時間で伝送できるように
   するため。
 A 品質の悪い回線を経由しても、データ伝送誤りが発生しないように
   するため。
 B 保守端末のグローバルアドレスが外部に漏浪することを防ぐため。
 C サーバにログインする際のパスワードが外部に漏浪することを防ぐため。
 D サーバのプライベートアドレスが外部に漏浪することを防ぐため。



【正解】 C

ssh (Secure Shell) は、すべての通信を暗号化して、リモート操作する
コマンドである。サーバにログインする際のパスワードも暗号化されるため、
パスワードが外部に漏浪することを防ぐことができる。


EXCELのマクロのご相談なら ファーストマクロ 



W−23 目次 W−25
ファーストマクロ TOPページ