平成20年度 技術士第一次試験問題【専門科目】
【16】情報工学部門
W−5
C言語で書かれたプログラムがUNIX系オペレーティングシステムにおいて実行
される際、使用する変数や作業領域に関するメモリに関して、次の中から
最も適切なものを選べ。

 @ malloc を用いて多くのメモリを確保するとスタック領域が大きくなる。
 A ローカル変数はヒープ領域に割り当てられる。
 B グローバル変数はコード領域に割り当てられる。
 C ローカル変数はスタック領域に割り当てられる。
 D C言語はガーベージコレクションが備わっているので動的に確保した
   メモリは解放しなくてもよい。



【正解】 C

@mallocにより確保されるメモリはヒープ領域に確保される。
Aローカル変数はスタック領域に割り当てられる。
Bグローバル変数は静的領域に割り当てられる。
C正しい。
D
ガベージコレクションは、実行中のプログラムが使用しなくなったメモリ領域を
 解放して他のプログラムで使えるようにすることである。


EXCELのマクロのご相談なら ファーストマクロ 



W−4 目次 W−6
ファーストマクロ TOPページ