平成20年度 技術士第一次試験問題【専門科目】
【16】情報工学部門
W−3
次のJavaプログラムにおいて、(ア)、(イ)、(ウ) の文が文法誤りであるかどうか
について、最も適切なものを@〜Dの中から選べ。

 abstract class A {
  public int y = 2;
  private int x = 1;
  public int p() {
   return y;
  }
 }

 interface B {
  int z;                  ・・・(ア)
  public void q();
 }

 Class X extends A implements B {
  public int p() {
   A a = new A() ;     ・・・(イ)
   return x+1;        ・・・(ウ)
  }
  public void q () {
  }
 }

@ (ア)、(イ)、(ウ) いずれも文法誤りではない。
A (ア)、(イ) は文法誤りではないが、(ウ) は文法誤りである。
B (ア) は文法誤りであるが、(イ)、(ウ) は文法誤りではない。
C (ア) は文法誤りではないが、(イ)、(ウ) は文法誤りである。
D (ア)、(イ)、(ウ) いずれも文法誤りである。



【正解】 D

(ア) インターフェイス内では、メンバーとして定数と抽象メソッドのみ定義
 できる。 int z は変数扱いであるため文法誤りである。
(イ) クラスAを継承したクラスXで、またクラスAを作成しているため文法誤り
 である。
(ウ) return x+1; には問題はないが、 x が class A の private変数で
 あるため、文法誤りである。


EXCELのマクロのご相談なら ファーストマクロ 



W−2 目次 W−4
ファーストマクロ TOPページ