平成18年度 技術士第一次試験問題【専門科目】
【16】情報工学部門
W−15
メインメモリに接続された、キャッシュメモリを内蔵したCPUがある。キャッシュ
メモリのアクセスタイムは40ナノ秒、メインメモリのアクセスタイムは400ナノ秒
である。また、キャッシュのヒット率は98%である。アクセスタイムが800ナノ秒
のメインメモリに変えたとき、データへの平均アクセスタイムを維持するためには
CPUのキャッシュメモリのアクセスタイムを何倍速いものに変える必要があるか、
最も近いものを次の中から選べ。

 @ 0.9倍  A 1.3倍  B 1.8倍  C 2.0倍  D 4.2倍




【正解】 A

平均アクセスタイムは、
40 × 98% + 400 × 2% =
47.2ナノ

アクセスタイムが800ナノ秒のメインメモリに変えたときの
CPUのキャッシュメモリのアクセスタイムを t とおくと、

× 98% + 800 × 2% = 47.2
t = (47.2 − 16) ÷ 0.98
t = 31.8ナノ秒

従って、40÷31.8 = 1.26 ≒
1.3倍


EXCELのマクロのご相談なら ファーストマクロ 



W−14 目次 W−16
ファーストマクロ TOPページ