平成18年度 技術士第一次試験問題【専門科目】
【16】情報工学部門
W−9
オブジェクト指向プログラミング言語に関する次のA〜Eの記述のうち、
正しい記述を全て組み合わせたものを@〜Dの中から選べ。
A 上位クラスで定義したデータやメソッドを下位クラスへ引き継ぐことを、
 継承 (インへリタンス)と呼ぶ。
B あるオブジェクトに依頼されたメッセージの処理を、他のオブジェクトに
 委ねることを、伝播 (プロパゲーション) と呼ぶ。
C 内部のデータや実現のための詳細情報を外部から直接アクセスできない
 ようにすることを、隠蔽と呼ぶ。
D 同じメッセージ名でも、受け取るオブジェクトにより処理内容が異なる
 ことを、集約 (アグリゲーション)という。
E オブジェクトに対してメッセージを送り、メソッドを呼び出すように指示する
 ことを、メッセージパッシングという。

 @ Bのみ   A AとC  B BとD
 C AとCとE  D CとE 




【正解】 C

A委譲 (デリゲーション) と呼ぶ。
 隠蔽 (カプセル化) は、データとそれを操作する手続を一つのオブジェクト
 にして、データと手続の詳細をオブジェクトの外部から隠蔽することである。
C多相性 (ポリモフィズム) と呼ぶ。
 集約は 車とハンドル、車とタイヤのように
 A has a B のような全体と部分の関係である。


EXCELのマクロのご相談なら ファーストマクロ 



W−8 目次 W−10
ファーストマクロ TOPページ