平成17年度 技術士第一次試験問題【専門科目】
【16】情報工学部門
W−27
次のデータベースのトランザクションの説明で誤っているものを選べ。
 @ COMMITコマンドは、更新を確定してトランザクションを正常終了する
   処理である。
 A ROLLBACKコマンドは更新の取り消しを行う処理である。
 B 2相ロックは一度ロックを解放すると、他のロックの獲得ができない
   制御方式で,データベースの維持すべきACID特性の一つである
   原子性の特性を満たす。
 C 共有ロックは共有ロック同士の場合のみ他のトランザクションからの
   アクセスを許す。
 D 占有ロックは他のトランザクションからのアクセスを認めない。




【正解】 B

B
2相ロックは、トランザクションを実行する前にすべての資源にロックを
 かけ、トランザクション終了後にロックを解除することである。

 なお、ACID特性は以下のとおりである。
 
Atomicity (原子性):トランザクション処理が「全て実行される」か
 「一つも実行されないか」のどちらかになることを保証する。
 
Consistency (一貫性):トランザクションの前後で、データに矛盾が無く
 整合性が保たれることを保証する。
 
Isolation (独立性・隔離性):同時に処理されている他のトランザクション
 に影響を受けず、また、他の処理に影響を与えないことを保証する。
 
Durability (永続性・耐久性):トランザクションが完了したらデータベース
 に記録され、結果が失われることが無いことを保証する。

EXCELのマクロのご相談なら ファーストマクロ 



W−26 目次 W−28
ファーストマクロ TOPページ