平成17年度 技術士第一次試験問題【専門科目】
【16】情報工学部門
W−14
ある問題について、その実行時間の95%は完全に並列処理が可能で、
Nプロセッサを利用することによりN倍性能が向上する。しかし、残りの5%は
全く並列処理をうことができない。この問題を10台のプロセッサを用いて
並列処理を行った場合、1台で実行するのに比べて何倍高速に実行する
ことが可能か。最も近いものを選べ。

 @ 6.9倍  A 7.2倍  B 7.4倍  C 7.6倍  D 7.9倍



【正解】 @

10台のプロセッサで100個並列処理する場合を考える。
1台で実行する場合、
1000個の処理を行う。

1000個の処理のうち95%は並列処理するので
95個の処理を10台のプロセッサで並列処理できる。
1000個の処理のうち5%(50個)は並列処理できないため、
1台のプロセッサで
50個の処理を行う。

つまり、並列処理した場合は 95+50=
145個の処理が可能である。

従って 
1000÷145 = 6.897 ≒ 6.9倍となる。


EXCELのマクロのご相談なら ファーストマクロ 



W−13 目次 W−15
ファーストマクロ TOPページ