平成16年度 技術士第一次試験問題【専門科目】
【16】情報工学部門
W−27
6個のキー値 Sato, Nakata, Suzuki, Hirano, Egawa, Arai をサイズ9の
ハッシュ表H[0],H[1],・・・, H[8]にこの順番で格納する。ハッシュ値は次の
とおりとする。

┌─────┬───┬───┬───┬───┬───┬───┐
│  キー値│ Sato │Nakata│Suzuki│Hirano│Egawa │ Arai │
├─────┼───┼───┼───┼───┼───┼───┤
│ハッシュ値│  1 │  5 │  1 │  8 │  5 │  1 │
└─────┴───┴───┴───┴───┴───┴───┘


衝突処理はハッシュ増分2の線形探査法を用いるとする。結果としてH[0]とH[3]に
それぞれ格納されるキー値として適当なものはどれか。
  H[0]   H[3]

@ 空   空
A 空   Egawa
B Arai  Suzuki
C Hirano Sato
D Nakata Arai




【正解】 B

衝突処理はハッシュ増分2の線形探査法を用いるとする。ということは、
同じハッシュ値になった場合は、空きを見つけるまで2を足すということである。
また、サイズ(問題の場合は9)まで到達すると、初めに戻って探索する。


Sato = 1
Nakata = 5
Suzuki = 1 →
3
Hirano = 8
Egawa = 5 → 7
Arai = 1 → 3 → 5 → 7 →
 0


EXCELのマクロのご相談なら ファーストマクロ 



W−26 目次 W−28
ファーストマクロ TOPページ