平成16年度 技術士第一次試験問題【専門科目】
【16】情報工学部門
W−24
データベースにおけるデッドロックに対処する方法に関する次の記述で
不適切なものを選べ。

 @ データ項目に順序をつけてその順番どおりにロックをかけるデッドロックの
   予防法の一つとして木規約がある。
 A ロックをかける相とロックを解除する相を分離する二相ロック方式では
   デッドロックは発生しない。
 B トランザクションの同時実行方式の中で、楽観的方式と時刻印順
   方式はデッドロックを発生させない。
 C デッドロックを検出し、デッドロックを起こしているトランザクションの
   いくつかを強制的に中断させる方式として、時間監視による方法と
   待ちグラフによる方式が知られている。
 D 時間監視による方法は、トランザクションがデータ項目を継続して
   ロックしている時間が一定時間を越えるとデッドロックが発生したと
   みなす方式である。



【正解】 A

@木規約はデッドロックは発生しない。
A
二相ロック方式では、必要なロック獲得命令をすべて実行して処理を
 実行した後に、ロック解除命令を実行できる方式である。
 二相ロック方式でもデッドロックは発生しうる。
B
楽観的方式は、データ更新の直前に、他のユーザーがデータ更新して
 いないかをチェックし、更新されていないことが確認できが場合に対象データを
 ロックする方法である。
 
時刻印順方式は、トランザクションの開始時刻と、データの更新時刻を比較し、
 データの更新時刻がトランザクション開始時刻より遅ければ更新しないように
 する方式である。


EXCELのマクロのご相談なら ファーストマクロ 



W−23 目次 W−25
ファーストマクロ TOPページ