平成16年度 技術士第一次試験問題【専門科目】
【16】情報工学部門
W−19
ソフトウェア開発のモデルとして、1980年代にスパイラルモデルが提案された。
次の項目のうち、スパイラルモデルの説明として最も適切でないものを選択せよ。

 @ 当時すでに存在していたウォータフォールモデルの欠点を解決するための
   モデルである。
 A 開発の各段階で、形式的仕様記述により高品質を達成する。
 B 開発の各段階で、プロジェクトが有するリスクを分析する。
 C 開発の各段階で、プロトタイプピング方式によりインタフェース仕様や性能の
   確認をとる。
 D 開発の各段階で、目標設定、評価、開発・検証、次工程の計画を
   繰り返す。



【正解】 A

スパイラルモデルは、要件定義、システム外部設計、内部設計、
プログラミング、テストの各工程を繰り返して開発するプロセスモデルである。

Aは、形式手法モデル (Formal Method Model) の説明である。

EXCELのマクロのご相談なら ファーストマクロ 



W−18 目次 W−20
ファーストマクロ TOPページ